日記&FX記録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最近はまっているもの
大根サラダ
歯ごたえありすぎなので、盛り付ける直前に塩麹を混ぜて、少ししんなりさせています
ダイエットの為には、本当は「大根おろし」が良いみたいです


果物にもはまっています
ぶどう
いちじく
プラム
生プルーン
めっちゃ美味しい…けど、高い


【生大根ダイエット】
・1日1回 食前or食事中
・輪切り6センチ以上
・約300gを生で食べる
・他の物と一緒に食べてもOK

大根に含まれる辛味成分のイソチアネートが、活性酸素を除去し代謝アップ
大根に含まれる消化酵素のアミラーゼが、炭水化物の消化を高める

ビタミンCやビタミンAなども豊富

ちなみに、辛味成分のイソチアネートは、大根の根に近い方に多く含まれている

大根には、オキシターゼという発がん性物質を抑える成分や、ジスターゼという二日酔いにも効く酵素などが含まれている



更に詳しく

http://slism.jp/communication/namadaikon-diet.html

大根おろしの汁は必ずのむべしって書かれてます
窮鼠さん飲んで正解


【大根おろしで摂取する際の注意点】
大根を生で食べると言ったら、サラダや大根おろしが頭に浮かびますが、大根おろしで摂取する場合には、汁も摂取しなければいけません。

これは、次に紹介するダイエット効果を持つ大根の辛味成分が大根おろしの汁に含まれているためです。
大根おろしの水分を切って使う人も多いと思いますが、ダイエットに活用する際には、水分は捨てずに汁も摂取することが大切です。

【生大根のダイエット効果】
大根の辛味成分はイソチオシアネートという抗酸化作用を持つ成分です。イソチオシアネートを摂取することで、活性酸素を除去し、代謝を高めて脂肪がつきにくい体質を作ることができます。また、イソチオシアネートはダイエットだけでなく、ガン予防や老化防止などにも効果があります。

このイソチオシアネートは、そのまま大根に含まれているわけではなく、すりおろしたり切ったりして細胞が壊れることで生成される成分です。そのため、大根おろしにした方がイソチオシアネートは生成されます。

さすがに、6センチほどの輪切りでそのまま生の大根を食べる人は少ないと思いますが、なるべくイソチオシアネートが生成するように、すりおろしたり、細かくカットしたりして食べると良いでしょう。

また、大根おろしは葉に近いほど甘く、先端のほうが辛みが強いですよね!?辛み成分であるイソチオシアネートは、大根の根の先端に多く含まれています。

大根にはビタミンや酵素も豊富!

大根にはビタミンCやビタミンA、ジアスターゼやアミラーゼなどの酵素が多く含まれています。
熱に弱いビタミンCや酵素は、加熱すると壊れてしまうので、生で食べることでこれらの成分の効果も十分に得られます。

【ビタミンC】
コラーゲンの生成に不可欠な成分で、高い美肌効果があります。
また、ストレスの抵抗力を高める効果やダイエット中の不足しやすい鉄分の吸収を高める効果があります。

【ビタミンA】
肌や目の健康を維持する働きがあります。

【消化酵素】
消化を助ける働きがあります。
特に、アミラーゼには炭水化物の消化を高める効果があります
関連記事
スポンサーサイト
2012.09.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ginnyakko.blog31.fc2.com/tb.php/102-3f4fc4cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。